任意売却、住宅ローンの返済・滞納、競売開始決定の問題解決の関西エステート。大阪、兵庫、京都、奈良、和歌山の近畿圏対応。

一般定期借地権

一般定期借地権

一般定期借地権とは、定期借地契約の一種で、存続期間が最長のものをいい、
・借地存続期間を50年以上で設定
・契約更新、期間延長がない
・契約期間終了後、建物は解体撤去され、更地で地主に返却される
・期間終了後は、借地権が確実に終了する
という借地契約のことをいいます。

契約期間を50年以上とすることで、他の借地契約では無効とされる
1.契約を更新しない
2.建物を再建築しても借地期間を延長しない
3.建物買取請求権を行使しない
ということが有効となります。(ただし、公正証書で契約する必要あり。)

一般定期借地権は、主として借地権付分譲住宅(分譲戸建て住宅・分譲マンション)の敷地として設定されます。

土地所有者にとっては、
・安定した地代収入が得られること
・期間終了後は必ず更地で土地が戻ってくること
・地代の更新も可能なこと
・保証金を預かることができ、それを金融資産や事業用に使用しても課税されない
・預かり保証金は、相続税の納税資金に充当できる

借地人にとっては、
・土地を購入するより負担の少ない地代と、建物の建物のローンだけで新築のマイホームに住める

というメリットがあります。




用語解説もくじ にもどる

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional