任意売却、住宅ローンの返済・滞納、競売開始決定の問題解決の関西エステート。大阪、兵庫、京都、奈良、和歌山の近畿圏対応。

一般承継人による登記申請

一般承継人による登記申請

不動産登記法第62条に定義されているもので、登記申請者の死亡等により登記申請ができなくなった場合に、権利を引き継いだ者(相続人等)が本来の申請人に代わりに申請することをいう。
一般承継人は、相続人、合併会社の存続会社などがある。

例えば、不動産売買の売買契約を締結したが、権利移転の登記前に所有者が亡くなってしまった場合などである。
この場合、亡所有者の相続人と購入者が登記の申請人となって所有権移転の登記申請をすることになる。



用語解説もくじ にもどる

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional