任意売却、住宅ローンの返済・滞納、競売開始決定の問題解決の関西エステート。大阪、兵庫、京都、奈良、和歌山の近畿圏対応。

競売

競売

競売(けいばい・きょうばい)は、広くは、「オークション」競売りのことをいいますが、住宅に関しては、裁判所の行う「不動産競売」をいいます。
滞納が続くとお金を貸している金融機関は、貸付金を回収するために『不動産競売』の手続きを進めていきます。(ケ)の事件、(ヌ)の事件がありますが、ほとんどは、抵当権根抵当権などの担保を基にした(ケ)の事件の「不動産担保競売」になっています。

不動産競売は、金融機関が裁判所に競売の申し立てをすることから始まっていきます。

競売流れ

・金融機関が裁判所に申立てます。


・申立てに基づいて、差押し、通知書を債務者に送達します。


・執行官が写真を撮りに来たりします。


・調査に基づき物件明細書が作られます。


・調査書に基づき競売での売出し価格が決められます。

・物件明細書、現況調査報告書、評価書が公開されます。

・入札が始まります。


・落札者が決まります。


・買受人が落札者に決定します。


・買受人が代金を納付します。これと同時に買受人へ所有権の移転登記がされます。
所有者が変わったので、新所有者から立退きをせまられます。


債権者へお金が分配されます。


・立退きに応じないでいると、強制的に立退きをさせられる手続きをされます。


・強制的な立退きを決行されます。



※『競売申立て』から『代金納付・所有権移転』までの時期は、近頃、裁判所の処理スピードが速くなっているので、今までのように半年かからずに至る場合があります。

詳しくは、こちらの裁判所のページを参考にしてください。競売情報




用語解説もくじ にもどる

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional