任意売却、住宅ローンの返済・滞納、競売開始決定の問題解決の関西エステート。大阪、兵庫、京都、奈良、和歌山の近畿圏対応。

・住宅金融公庫ゆとり返済

・住宅金融公庫ゆとり返済

住宅金融公庫の『ゆとり返済』、年金住宅融資の『ステップ返済』で住宅ローンを借り入れされている方からの相談を多く受けます。
『ゆとり返済』『ステップ返済』は、今から考えると無茶な仕組みの住宅ローンで、その仕組みは、例えば、35年のローンの当初5年間の返済は、50年返済の期間計算の額でいいというもので、6年目からは35年返済の通常額と当初5年間分の不足額を返済していくというものです。
平成5,6年の2年間は、当初の50年サイクルが、75年サイクルでされていましたので、この2年のうちにゆとり返済で借り入れをされた方は、6年目からの返済額がさらに厳しくなることになります。

この期間の変更だけでなく、金利も段階で高くなるという内容のものなので、当初5年間と比べて負担がめちゃくちゃ多くなります。
6年目からの返済額が約1.7倍くらいになってしまう計算です。

(イメージ図)
ゆとり返済

終身雇用、昇給というものを大前提に考えられた方式だったそうで、現実は違いました。

破綻される方が数多くでてしまうこととなり、平成12年に廃止されました。

今、頑張って返済をしている方は、住宅ローン返済の負担が大きくて生活を圧迫しているのなら、売却して債務を圧縮し、負担を軽くするのも一つの方法です。

住宅ローンの返済に収入の大部分を使い、余裕がまったくない、というのは明らかに『無理』をしている状態です。
『無理』はいつまでも続けることはできません。
いつかはできなくなってしまいます。

他から借り入れをして住宅ローンの返済をしている、というのは『無理』を通り越しています。
傷口をひろげている状態で、すぐにでもやめるべきことです。
今後の生活の圧迫度合いを増やし続けていることにほかなりません。

売却を考える場合、売却代金で住宅ローンの全額返済ができる場合は普通の売買で、特に問題はありません。

売却しても住宅ローンの全額返済ができない場合、『任意売却』という方法になるのです。

お悩みの方は何なりとお問い合わせください。

コメント


認証コード7487

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional