任意売却、住宅ローンの返済・滞納、競売開始決定の問題解決の関西エステート。大阪、兵庫、京都、奈良、和歌山の近畿圏対応。

・堺市南区の任意売却物件の決済無事終了

・堺市南区の任意売却物件の決済無事終了

堺市南区の任意売却物件のマンションの決済が先日、無事終了しました。
今回、当店は、買主側での取引でした。
管財物件で、所有者の方は住宅ローンだけでなく、ほかの借金もあったようで、先に破産手続きをされていました。

資産が自宅だけだったのか、ほかにも資産があったからなのか、単に自己破産の手続きを先にしてしまっただけなのかはわかりませんが、管財事件となっています。

住宅ローンだけでなく他にも多額の借金や自宅以外の多額の資産がある場合などは、自己破産手続きを自宅売却の先にしても後にしても管財事件となると思いますので、自宅売却の順番の優劣はないと思いますが、資産が自宅だけの場合だと、先に自宅の売却をしてから破産手続きをした方が、破産手続きにかかるお金が安くて済みます。

同時廃止事件の場合…裁判所に納めるお金2万円くらい
管財事件の場合…裁判所に収めるお金20万円くらい
となっています。

実際に手続きをする際は、上記の裁判所費用のほか、弁護士費用(だいたい30万円前後)も必要になります。

お金に困っている状況で、これだけのお金がかかってしまうのです。

資産が自宅だけの方は、先に自宅の売却をしてから破産手続きの方がいいです。

このようなケースの方、ぜひご相談ください。
親身に相談を受けてくださる弁護士さんをご紹介させていただきます。

コメント


認証コード1752

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by HAIK 7.3.4
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional